美術品・骨董・工芸品の買取 ヤフオクに美術品・工芸品など多数出品中! baseに美術品・工芸品など多数出品中! ショピファイに美術品・工芸品など多数出品中!
掛軸・額の詳細ページはこちら 掛軸・額のヤフオク!出品リストはこちら
茶道具の詳細ページはこちら 茶道具のヤフオク!出品リストはこちら
骨董・時代物御道具の詳細ページはこちら 骨董・時代物御道具のヤフオク!出品リストはこちら
かわいいこっとうの詳細ページはこちら かわいいこっとうのヤフオク!出品リストはこちら
美術品・骨董・工芸品の修復
アメーバブログ Instagram
かわいいこっとう

時代 金工 こぼれ梅形銀かんざし SV925

時代 金工 こぼれ梅形銀かんざし SV925

サイズ :幅 1 ×長さ 10 cm


箱サイズ 縦 3.8 ×横 13 ×高さ 2.2 cm

状態 : モチーフ部分が可動します

材質:SV925

検査済

価格:  35,200円

ギャラリー

コメント

銀で花びらの一枚一枚、おしべの一本一本を

丁寧に作り上げた精巧なかんざし。

盆栽風の置物などにもよく見られるこの金工細工は

明治の頃にとても流行りました。
メーカーのシールが貼られたままの元箱が残っていることも珍しい、とても状態の良い髪飾りです。
かんざしの語源は「花挿し」と言われています。

梅の花をつけているようにみえるのが可愛らしいですね。
梅の花の角度が変えられるので、色々な表情を楽しめます。

 

 

《世界に類を見ない日本の超絶技巧》
江戸時代、戦国時代が終わり太平の世になると武具制作の需要が減り、

刀剣の拵(こしらえ)などを制作していた錺師(かざりし)とよばれる金工の職人たちは

活動の場を失います。

その職人たちは刀装具の仕事を

小間物細工に転用することを考えて、

紙入れ(財布)の金具や女性の装身具を制作するようになり、

町人文化の発展とともに様々な名品が作り出されました。

明治の世になり日本が開国すると、この類を見ない美しい金属工芸は

またたく間に世界中に広がり、当時の欧米の人々を熱狂させました。

 

100年以上前の日本の美意識が、

いまの女性の美しさを引き立てることがございましたら、大変うれしく思います。