迎春の掛軸

1297612349

迎春の掛軸とは

迎春の掛軸は新しい年を迎える気持ちを形にするもので、新春・正月を寿ぐために用いられる掛軸のことです。

松の内、地域によって旧正月まで掛けられることが多いですが、その用途からおめでたい図柄や縁起ものが多い傾向で他の慶事にも掛けられるのが特徴です。

定番の図柄は日の出で、まさに新年を迎えたりお正月に相応しいものだといえます。日の出に加えて鶴もおめでたい図柄ですから、見るだけで幸せな気持ちや前向きな気持ちになれます。

いわゆる赤富士もお正月の定番で相応しいものですが、迎春の掛軸というと図柄の範囲が広く、新しい年を迎える気持ちを形にできるものならなんでも当てはまります。

いずれにしても、おめでたい図柄や縁起ものが多いのが共通で、他の慶事にも掛けられることを理解すれば、迎春の掛軸というものが分かってきます。

迎春の掛軸には、旭日、鶴、富士、赤富士、蓬莱山、宝船、松、梅、神像などがあります。

迎春の掛軸の種類

迎春の掛軸にある種類といえば、戎大黒,天神様などの神像や富士山,赤富士,蓬莱山など威厳や自然の偉大さが伝わるものが挙げられます。他にも鶴亀,七福神,宝船等縁起物が外せない定番で人気です。松竹梅,紅白のもの,等組合せはまた違った魅力で、迎春の掛軸に相応しい図柄となります。

紅白梅,松,牡丹,福寿草,等吉祥花もひと目でおめでたいことが分かる、日本人に嬉しい種類の1つです。

梅の掛軸は、日本を象徴する梅を題材にして描かれた掛け軸になります。

梅の花は、寒中、最初に咲く「魁の花」とも言われていて、非常に気品があります。梅の花と一緒に紅白梅又は,鶴亀や富士と合せて描かれていたり、香りも良く爽やかな吉祥花が描かれていることもあります。

昔は梅にウソ、今は梅に鶯が描かれていますが、梅に鶯が来るといった意味合いではないのです。

梅の花は四君子や松竹梅にも含まれる、縁起の良い花になります。

このように、迎春の掛軸は実に多岐にわたりますが、逆にいうとおめでたい図柄の大半は当てはまることになります。

鶴の掛軸

1314788473 (2)_R

鶴の掛軸は吉祥の鳥の代表で、家内安全,夫婦円満を祈る定番中の定番の図柄として知られます。

飛び抜けたものの比喩にも用いられますし、松に鶴,双鶴,飛翔図,群鶴なども有名です。慶事の寿ぎにも吉祥の祈りにも鶴の掛軸が選ばれますから、鶴といえば吉祥で迎春の掛軸に通じるものだと分かります。

家族のことを思ったり1年の吉祥を願うのであれば、鶴の掛軸は有力な選択肢になるでしょう。

見ているだけで良いことがありそうな気持ちになれますし、持っておいて損はないはずです。

富士の掛軸

富士の掛軸は世界遺産がモチーフで、日本そのものを表す霊峰が図柄になっているのが魅力です。

2つとない意味で不ニともいわれますが、古来,日本人の信仰を受ける日本という国にとって大事な山がこの富士です。迎春、慶事の他、年中掛けにも定番中の定番ですから、割と見掛けることは多いもののありがたみが薄れないのは流石です。

国内外を問わず多くの人達が惹かれたり、実際に登りたいと思うのも頷けます。何より見ているだけでも心が洗われるようです。

赤富士の掛軸

i-img569x1200-1634953306bygsba270438 (2)_R

赤富士の掛軸は通常の富士とは異なり、魔除けの意味も含まれているのが特徴です。

暁に映える美しさは格別で、本物には代えがたい価値がありますが、赤富士の掛軸にもその価値が実感できます。

めでたい富士が更に赤く染まる様子は幻想的ともいえ、ありがたみが最高潮に達するかのようで、ある意味恐れ多いほどです。

赤富士の掛軸は何か特別感があって、お正月にも適していますから、迎春の掛軸に相応しい図柄でもあります。

蓬萊山の掛軸

蓬萊山の掛軸に描かれているのは、中国、神仙思想の逸話にある想像上の神山です。

蓬萊山は、東の海上にあると言われた、不老不死の仙人が住むめでたい島です。

松竹梅に囲まれためでたい島で、不老長寿と財宝を手に入れることができると言われています。探索先が日本に及んだこともあり、東の海上にあるのは日本なので、日本を蓬莱と云う人もいたそうです。

大変縁起の良い掛軸ですので、祝い事の際などに床の間に飾ることが多いです。

宝船の掛軸

宝船の掛軸に描かれている絵は、七福神が乗り,宝物を積んでいる 船で、非常に縁起が良いものとされ、お正月や新年に使用される掛軸です。

この上なくめでたい画題(絵柄)のひとつ 「宝」や「寿」と書かれた帆船 です。宝船が描かれた図には和歌が書かれていることもあります。

昔から初夢を見ると縁起が良いとされています。初夢の枕下に その絵を敷いて寝ると、良い初夢を見ることができるとされています。

松竹梅の掛軸

『松竹梅』の梅は、松や竹と同じくらい縁起がよいとされました。「松竹梅」とは中国の「歳寒三友(さいかんさんゆう)」が日本に伝わったものです。

松は松竹梅で使用されるほど縁起が良いものなので、日本では門松などに使われています。門松はお正月の伝統的な飾りで、年神様が家にたどり着くための目印になるのです。

松と竹は寒中にも色褪せず、梅は寒い冬に花ひらくことから、「清廉潔白」と「節操」という文人の理想を表現したものでした。

慶事、吉祥の象徴として、おめでたいとされる日本とは違いますが、どちらも良いこと尽くめですね

新春には鶴と亀をとりあわせた「松竹梅鶴亀」も人気があります。

(画像) 掛軸 竹内勝源 白梅

神像の掛軸

神像の掛軸は開運の神様である戎大黒 が描かれている掛け軸になります。

お孫さんの成長を祈って贈る ものです。学問の神様で有名である菅原道真、梅、牛なども描かれていることもあり、子供の成長を願いこれからも無事に過ごすことができるようにと願うものになります。

梅の開花を知った菅原道真が使い牛とともに北野天満宮へ出向いたという逸話もあります。

牛に乗った菅原道真が描かれている掛け軸や梅の絵と一緒に描かれている菅原道真などの掛け軸があります。

古忨堂は骨董を通して日本のものつくりの文化で育まれた知恵を楽しくお伝えしていきます

このホームページ内に書かれた専門的な内容は、長い間に古忨堂にお越しいただいていた、様々な「道」に精通されているお客様や先生方、また同業の古い先輩方から教わった事が多く書かれています。

他のWEBページに載っていないことも多いかもしれません。

文章内容には誤解が出ないように注意しておりますが、時代や流派、地域などの違いで齟齬もあるのではないかと思います。現在何かの「道」の習得などに励んでいらっしゃる方は、このホームページを含めてWEB上の知識ではなく、直接おしえてくださっている先生のお話をお聞きくださるよう、お願い申し上げます。

直接古忨堂へお越しいただく場合

阪神百貨店梅田本店8階にて、連日午前10時から午後8時まで営業しております。

(1月1日はお休みです。他は阪神百貨店の営業予定日をご確認ください。)

大阪メトロ梅田駅 / 東梅田駅 / 西梅田駅 / 阪神電車・大阪梅田駅 / 阪急電鉄・大阪梅田駅 / JR大阪駅が最寄りです。

阪神百貨店8階 古忨堂への行き方

ネット通販から工芸品や古美術を購入する方法

ページ内に[ 〇〇〇〇〇はこちら ] というボタンがありましたら、そのボタンをクリックするとその内容の古忨堂の商品検索結果があらわれます。画像をクリックできるものは直接その商品ページをご覧いただくことができ、販売サイトから直接お買い求めいただけます。各販売サイトの特典が使用できます。

また、一部の作品は阪神百貨店のRemo Order(リモオーダー)などを利用してご購入もいただけます。

その場合、販売サイトの購入ボタンは押さずに作品ごとにお問い合わせください(ヤフオクの競りあがっている商品、及び¥10,000未満の商品は全てご利用いただけません)。

送料は別途かかります。リモオーダーでは阪急阪神百貨店のポイントやカード割引など通常のリモオーダー取引と同じ特典をご利用いただけます。

詳しくは阪神百貨店のホームページもご覧ください。

掛軸の販売はこちら

掛軸・工芸品・古美術品の販売=ご注文依頼の方法

こちらからお問い合わせください。

その際、お探しのお道具類の

使う用途(普段使い、慶事、フォーマルな茶会、収集、など)

使う予定(季節、日時、目的(趣向)、お稽古用、など)他の取り合わせ(茶事・茶会や床飾りなどの場合)

ご予算(わかれば)

など、お教えいただけますと迅速にご対応できます。

掛軸・工芸品・古美術品の買取=売却をご希望の方

tel : 06-6341-1000 までお問い合わせください。

その際、売却希望の作品の画像をお送りいただけると早くご対応可能です。

ジャンルによって必要な画像が違いますので、詳細ページをご覧ください。

詳しくはこちら