1月の掛軸

1月にかける掛軸とは

掛軸は季節にあわせた絵柄を選んで飾ることが大切だとされ、1月にかける掛軸も節句,七草、節気,小寒,大寒など自然と人々の暮らしの結びつきを意識した図柄を選ぶことが大切になります。

睦月とは『睦び月・結び月』と呼ばれ、仲良くすることや睦まじいこと、親しみ合うことを意味しています。

1月はお正月があり親族が集い年のはじめを寿ぐ時期でもあるので、親族や家族、友人と集まって親しみ合う場にふさわしい掛け軸を選ぶようにしましょう。

お正月は1月7日までを松の内と呼び、年神様が滞在している期間となります。

松の内は特にめでたい掛軸を飾ることが大切で、掛軸の図柄としては松竹梅や、千両・万両・南天、菊などお正月に相応しいものが選ばれます。

1月の掛軸 商品

1月の掛軸の商品はこちらをご覧ください。

月の掛軸

1月。ここでは、季節掛け12ヶ月のうち、1月にかける掛軸として、旭日(きょくじつ)の掛軸をご紹介します。

1月の掛軸はいつからいつまで掛けるのですか

1月の掛軸を、いつからいつまで掛けるのかは

下記をご参考にしてください。(50音順)

梅(うめ) 12月、1月、2月、3月

蕪(かぶ) 10月、11月、12月、1月

水仙(すいせん) 12月、1月、2月

千両(せんりょう) 10月、11月、12月、1月、2月

南天(なんてん) 12月、1月、2月

白菜(はくさい) 10月、11月、12月、1月、2月

1月の掛軸の種類

1月の掛軸は種類が豊富なのが特徴で、梅,椿,福寿草,水仙,寒牡丹などが特に代表的なものとして知られています。

また紅白梅などもめでた掛けで、宝船,蓬萊山など縁起ものもありますから、本当に1月は選べる掛軸が充実している事が分かります。

双鶴,鶴亀,旭日など慶事掛けも代表的な掛軸の1つなので、これらも選択肢に加える事ができるでしょう。

1月は新年の始まりで、掛軸は1年を占うと言っても過言ではありませんから、良い1年になる掛軸を選びたいものです。

旭日の掛軸

季節ごとや行事、願い事などによって架け替えられる掛軸は「行事掛け」と呼ばれ、一定のシーズンにのみ掛けることが正しいとされています。

初日の出,御来光といった旭日が描かれている掛軸は、お正月を代表する掛軸のひとつで、正月シーズンに一年の祈りや願いを込めて和室に掛けられます。

旭日波,旭日松や旭日に鶴など、おめでたい空気が感じられる絵柄で、魔除けや厄除け・幸運・縁起など様々な意味合いを持っています。

古忨堂は骨董を通して日本のものつくりの文化で育まれた知恵を楽しくお伝えしていきます

このホームページ内に書かれた専門的な内容は、長い間に古忨堂にお越しいただいていた、様々な「道」に精通されているお客様や先生方、また同業の古い先輩方から教わった事が多く書かれています。

他のWEBページに載っていないことも多いかもしれません。

文章内容には誤解が出ないように注意しておりますが、時代や流派、地域などの違いで齟齬もあるのではないかと思います。現在何かの「道」の習得などに励んでいらっしゃる方は、このホームページを含めてWEB上の知識ではなく、直接おしえてくださっている先生のお話をお聞きくださるよう、お願い申し上げます。

直接古忨堂へお越しいただく場合

阪神百貨店梅田本店8階にて、連日午前10時から午後8時まで営業しております。

(1月1日はお休みです。他は阪神百貨店の営業予定日をご確認ください。)

大阪メトロ梅田駅 / 東梅田駅 / 西梅田駅 / 阪神電車・大阪梅田駅 / 阪急電鉄・大阪梅田駅 / JR大阪駅が最寄りです。

阪神百貨店8階 古忨堂への行き方

ネット通販から工芸品や古美術を購入する方法

ページ内に[ 〇〇〇〇〇はこちら ] というボタンがありましたら、そのボタンをクリックするとその内容の古忨堂の商品検索結果があらわれます。画像をクリックできるものは直接その商品ページをご覧いただくことができ、販売サイトから直接お買い求めいただけます。各販売サイトの特典が使用できます。

また、一部の作品は阪神百貨店のRemo Order(リモオーダー)などを利用してご購入もいただけます。

その場合、販売サイトの購入ボタンは押さずに作品ごとにお問い合わせください(ヤフオクの競りあがっている商品、及び¥10,000未満の商品は全てご利用いただけません)。

送料は別途かかります。リモオーダーでは阪急阪神百貨店のポイントやカード割引など通常のリモオーダー取引と同じ特典をご利用いただけます。

詳しくは阪神百貨店のホームページもご覧ください。

掛軸の販売はこちら

掛軸・工芸品・古美術品の販売=ご注文依頼の方法

こちらからお問い合わせください。

その際、お探しのお道具類の

使う用途(普段使い、慶事、フォーマルな茶会、収集、など)

使う予定(季節、日時、目的(趣向)、お稽古用、など)他の取り合わせ(茶事・茶会や床飾りなどの場合)

ご予算(わかれば)

など、お教えいただけますと迅速にご対応できます。

掛軸・工芸品・古美術品の買取=売却をご希望の方

tel : 06-6341-1000 までお問い合わせください。

その際、売却希望の作品の画像をお送りいただけると早くご対応可能です。

ジャンルによって必要な画像が違いますので、詳細ページをご覧ください。

詳しくはこちら