11月の掛軸

11月にかける掛軸とは

11月/霜月(しもつき)とは、二十四節気 「立冬」「小雪」と呼ばれ暦の上では冬の到来であり日脚が短く、朝夕の気温が低くなるため火が恋しい季節といわれています。

主に11月8日ごろおよび小雪の前日までの約15日間を指しており、まだ秋らしい気配も残り紅葉の見頃の時期ではありますが、木枯らしが吹き始め冬の気配が感じられるようになります。

霜月(しもつき)には子どもたちの成長過程を無事過ぎることのお祝いと、厄除けの行事である「七五三」があり、数え年で3歳の男女と5歳男子、7歳女子の成長の節目に初土神社または氏神神社に参拝を行います。

七五三を霜月に行うようになったのは、五代将軍徳川綱吉が長男の徳松の健やかな成長を二十八宿の鬼宿日に祈願したことが由来だといわれています

11月にかけるおすすめの掛軸には、四季折々に適切な図柄を選ぶことがポイントで11月は「秋掛け」にふさわしい草花の図柄を選ぶことがポイントになります。

例えば山茶花、寒菊、小菊などが挙げられ、他にも紅葉、銀杏並木、秋の風景や枯木、初冬の山水など、季節に合わせた風景が描かれている掛軸を選ぶようにすると季節を感じられます。

また11月15日に行われる行事で有名な「七五三」に関する画題(絵柄)は、10月中旬から11月中旬頃辺りまで飾ることができる掛軸として秋の季節に選ぶという方も少なくありません。

他にも樵(きこり)、大原女、焚火、灯火といった秋の季語が取り入れられている掛軸なども、11月に飾る際にぴったりな題材といえます。

11月の掛軸 商品

月の掛軸

12ヶ月。11月。ここでは、季節掛け12ヶ月のうち、11月にかける掛軸として、秋・初冬の山水、樵夫(きこり)、大原女、山茶花(さざんか)の掛軸をご紹介します。

秋・初冬の山水

11月は秋の終わりから冬の気配 枯木を感じる時期でもあるので、この時期に飾るべき掛軸の画題(がたい)には、秋の山水、初冬の山水などがおすすめです。

山水画は遠く雲上の連なる山々や流れくる清流など、季節に応じた自然の風景を映し出す図柄であるため、見る者にほのぼのとしたやすらぎと安堵感を与えてくれる特徴を持っています。

日本画の手法で描かれる山水は、日本人の気質を具体化するかの如く自然の恩恵を繊細かつ情感豊かに捉えていることが魅力です。

樵夫(きこり)の掛軸 大原女の掛軸

11月に飾る掛軸としておすすめの図柄として挙げられるのが、樵夫の掛軸や大原女の掛軸です。

樵夫(きこり)は森林の樹木を斧で伐採します。11月になると冬に向けて山間では薪を拾う季節であったことから、樵夫(きこり)と呼ばれる薪を担いだ男性の図が季節を感じさせる図柄だと人気があります。

大原女の掛軸は薪を頭上に載せた女性の図 が特徴で、かつて大原で働いていた女性たちの伝統衣装を身に付け、薪や柴を頭の上に乗せ京の町へと行商に出かけていた歴史があり、現在では大原女まつりが秋の季節に開催されるなど現代にも残り続ける文化ですね。11月を象徴する行事でもあります。

山茶花(さざんか)の掛軸

11月7日から11日頃は山茶花が咲き始める季節だといわれており、山茶花は冬に変わる頃に咲く花として「七十二候」の一番最初に登場します。

この花の特徴には冬の始まりに蕾が開き、身を切るような冬の寒さに負けることなく2月頃まで花を咲かせるなど過酷な環境で生き抜くことができる強い生命力を持っています。

そのため山茶花の花言葉には「困難に打ち勝つ」という意味を持っており、冬の訪れを象徴する花として11月に飾る掛軸の図柄でも選ばれることが多い特徴を持っています。

古忨堂は骨董を通して日本のものつくりの文化で育まれた知恵を楽しくお伝えしていきます

このホームページ内に書かれた専門的な内容は、長い間に古忨堂にお越しいただいていた、様々な「道」に精通されているお客様や先生方、また同業の古い先輩方から教わった事が多く書かれています。

他のWEBページに載っていないことも多いかもしれません。

文章内容には誤解が出ないように注意しておりますが、時代や流派、地域などの違いで齟齬もあるのではないかと思います。現在何かの「道」の習得などに励んでいらっしゃる方は、このホームページを含めてWEB上の知識ではなく、直接おしえてくださっている先生のお話をお聞きくださるよう、お願い申し上げます。

直接古忨堂へお越しいただく場合

阪神百貨店梅田本店8階にて、連日午前10時から午後8時まで営業しております。

(1月1日はお休みです。他は阪神百貨店の営業予定日をご確認ください。)

大阪メトロ梅田駅 / 東梅田駅 / 西梅田駅 / 阪神電車・大阪梅田駅 / 阪急電鉄・大阪梅田駅 / JR大阪駅が最寄りです。

阪神百貨店8階 古忨堂への行き方

ネット通販から工芸品や古美術を購入する方法

ページ内に[ 〇〇〇〇〇はこちら ] というボタンがありましたら、そのボタンをクリックするとその内容の古忨堂の商品検索結果があらわれます。画像をクリックできるものは直接その商品ページをご覧いただくことができ、販売サイトから直接お買い求めいただけます。各販売サイトの特典が使用できます。

また、一部の作品は阪神百貨店のRemo Order(リモオーダー)などを利用してご購入もいただけます。

その場合、販売サイトの購入ボタンは押さずに作品ごとにお問い合わせください(ヤフオクの競りあがっている商品、及び¥10,000未満の商品は全てご利用いただけません)。

送料は別途かかります。リモオーダーでは阪急阪神百貨店のポイントやカード割引など通常のリモオーダー取引と同じ特典をご利用いただけます。

詳しくは阪神百貨店のホームページもご覧ください。

掛軸の販売はこちら

掛軸・工芸品・古美術品の販売=ご注文依頼の方法

こちらからお問い合わせください。

その際、お探しのお道具類の

使う用途(普段使い、慶事、フォーマルな茶会、収集、など)

使う予定(季節、日時、目的(趣向)、お稽古用、など)他の取り合わせ(茶事・茶会や床飾りなどの場合)

ご予算(わかれば)

など、お教えいただけますと迅速にご対応できます。

掛軸・工芸品・古美術品の買取=売却をご希望の方

tel : 06-6341-1000 までお問い合わせください。

その際、売却希望の作品の画像をお送りいただけると早くご対応可能です。

ジャンルによって必要な画像が違いますので、詳細ページをご覧ください。

詳しくはこちら